オンラインカジノの入出金方法一覧!全21種類メリット・デメリットを徹底比較

オンラインカジノの入出金方法について詳しく解説します。

オンラインカジノを安全に利用したい、でも聞いたことのない決済方法など色々わからないこともあるし不安。オンラインカジノで楽しく遊ぶために知っておくべき入出金方法の全てをお届けします!

まず、オンラインカジノで取り扱われている入出金方法はプレイヤーの国により種類が異なりますが、日本のプレイヤーの場合は大きく4種類あります。

  • クレジットカード
  • 電子マネー(Eウォレット)
  • 仮想通貨
  • 銀行送金

それぞれのカジノにより取り扱っている入出金方法はちがいますので、決済方法ごとの特徴や詳細、おすすめのカジノを見ていきましょう。

クレジットカード

オンラインカジノvisa

VISA(クレジット&デビット)

1958年にアメリカで誕生、クレジットカードの国際ブランドのなかでトップの位置に君臨するのがVISAカードです。世界中で5000万店舗以上が加盟しており、日本だけでなく海外で広く利用できます。

メリット

  • 世界一の加盟店数
  • 特にアメリカで加盟店が多い

デメリット

プロパーカードがない(Visaが自社で発行していない)

デメリットのプロパーカードがないというのは、Visa社が独自発行しているカードがなく、銀行やショッピングサイトなど提携しているカードのみであることを意味します。一般的にはプロパーカードの方がステータス性が高いとされています。

VISAカードが使えるおすすめカジノ

カジ旅(Casitabi)

  • 最低15ドルのVISAカード入金ですぐに反映されプレイが開始できます。
  • RPGゲームストーリーを進めながら楽しめるのが魅力のカジノです。

MasterCard

1966年アメリカで誕生。世界中で使用できる強いブランド力を持ち、日本でも「プライスレス」のCMが有名です。世界各国のレストランやお店で優待が受けられる「Priceless Specials」が提供されています。

メリット

  • 世界2位の国際ブランド
  • 特にヨーロッパで加盟店が多い

デメリット

プロパーカードがない(MaterCardが自社で発行していない)

MasterCardが使えるおすすめカジノ

ベラジョン(Vera&John) – 日本のプレイヤーが多く利用しているため知名度が高く、日本語サポートの評判も良く初心者にも上級者にも使いやすいカジノです。

JCB

東京に本社を置く日本発の国際ブランド。日本ではトップの加盟店数を誇り、海外ではハワイやグアム、日本人旅行客の多い国では加盟店が多いのが特徴です。VISAやMasterCardに比べると利用できるオンラインカジノはまだ限られますが、日本のユーザーに力を入れているカジノは取り扱いが増えています。

メリット

  • プロパーカードを発行している(JCBが自社発行している)
  • 日本国内で加盟店数が多い

デメリット

海外での加盟店数が限られる

JCBカードが使えるおすすめカジノ

ライブカジノハウス(Live Casino House)- ライブカジノに特化して、生中継でつながるディーラーと本場カジノ感覚が味わえる臨場感が魅力のカジノ。

American Express

1850年にアメリカ・ニューヨーク州で誕生した国際ブランド、長い歴史を持つアメリカン・エキスプレス・インターナショナル社。

メリット

  • プロパーカードを発行している(American Expressが自社発行している)
  • 高いステータスを誇る
  • 特典や補償サービスが充実

デメリット

年会費がかかる

VISAカードが使えるおすすめカジノ

ユニークカジノ(Unique Casino) – 豊富なプロモーションが人気のカジノ。VIP制度があり、ランクアップの優待を狙いたい人に向いています。

電子マネー・電子決済サービス(Eウォレット)

オンラインカジノとプレイヤーの中間で資金のやり取りを仲介してくれるサービスです。

エコペイズ(Ecopayz) 

イギリスのPSI-Pay社が2000年から提供する電子マネーサービスで、イギリスの金融行動監督庁の規制に基づき、金融業社として正式な許可を受け運営されています。オンラインカジノの決済方法で最も多く採用されている入出金方法の一つで、日本のユーザーの間で認知度が高い決済方法です。

メリット

  • 20年以上の実績があり信頼度が高い
  • カスタマーサポートは24時間365日対応
  • 多くのオンラインカジノ・ブックメーカーが採用
  • 日本の銀行に出金できる
  • 定期的に利用していれば維持管理料は無料
  • 公式アプリあり

デメリット

6ヶ月以上利用していないと維持管理費が発生する

エコペイズが使えるおすすめカジノ

チェリーカジノ(Cherry Casino) – 1963年創業の老舗カジノ。厳格なマルタライセンスで運営されており安心感があり、スポーツベットも利用できるのでカジノとブックメーカー両方利用したい人に最適です。

ヴィーナスポイント(Venus Point) 

エコペイズと並び多くのオンラインカジノで採用されている電子決済サービスですが、ポイントに変換して管理する「ポイントサイト」というのが他の電子マネーと異なる特徴です。運営元は英ヴァージン諸島に登録されています。

メリット

  • 本人確認が簡単
  • 日本の銀行に出金できる
  • お得なポイントバックがある
  • 口座維持費が無料
  • 出金手数料が安い
  • 出金スピードが速い

デメリット

口座に直接入金ができない

ヴィーナスポイントはポイントサイトなので、直接現金を入金できません。ヴィーナスポイントに入金するには、オンラインカジノにクレジットカード(許可されている場合は他の入金方法)で入金して、入金額以上を賭けて、オンラインカジノから出金先をヴィーナスポイントにしてお金を入れる方法になります。

ヴィーナスポイントが使えるおすすめカジノ

ラッキーニッキー(Lucky Niki) – ウェルカムボーナスが充実、日本語サポートが手厚く初心者にも優しいため評判が良く人気上昇中。独自のアニメキャラが日本人に親やすいカジノです。

アイウォレット(iwallet)

運営会社は東ヨーロッパのジョージアに登録されているBenedo LLC社でフィリピン、香港に運営拠点があります。同じ名前で「iWallet」というアメリカに登録されている企業のサービス(https://iwallet.com/)もありますが、「iwallet..」と表記されている(https://www.iwl.hk/)サイトがオンラインカジノで使えるこちらBenedo LLC社のサービスです。

メリット

  • メール登録だけで口座開設が簡単
  • 口座維持費が無料
  • 専用プリペイドカードを提供

デメリット

6ヶ月以上利用していないと維持管理費が発生する

メンテナンスや不具合により使用できなかった期間がある

アイウォレットが使えるおすすめカジノ

エンパイアカジノ(Empire777) – 本場カジノのような感覚が味わえるライブカジノ好きの人に特におすすめのカジノ。豪華なVIP特典や禁止ゲームのないリベートボーナスなど独自のサービスが人気です。

スティックペイ(STICPAY)

スティックペイはCOOPERTOBY社が、イギリスの金融行動監督庁の規制に基づき、金融業社として正式な許可を受け運営しています。2017年に誕生し比較的新しい決済サービスですが、公的機関から認可されているため信頼感があり、今後利用できる場所が増える期待が持てます。

メリット

  • 専用プリペイドSTICPAYカード発行(ATM引き出し可能)
  • 日本の銀行に出金できる
  • クレジットカード、仮想通貨での入金可能

デメリット

6ヶ月以上利用していないと維持管理費が発生する

STICPAYカードは発行手数料がかかる

スティックペイが使えるおすすめカジノ

10ベット(10 Bet Japan) – カジノとスポートベットが両方楽しめ、速い出金スピードが評判。24時間日本語サポート対応で日本のユーザーに優しい環境を完備しています。

マッチベター(Muchbetter)

2017年にイギリスのMIR Limited UK社より誕生し、優れたモバイル決済ソリューションとして数々の賞を受賞しています。17言語に対応、180か国以上でアプリが利用でき、日本語にも対応しています。イギリスの金融行動監督庁の規制に基づき、金融業社として正式な許可を受け運営しており安全に利用できる決済サービスです。

メリット

  • アプリ対応でスマホ決済が簡単
  • クレジットカード入金の手数料無料(JCBも使える)
  • 仮想通貨入金対応
  • バイオメトリクス(顔や指紋認証)に対応

デメリット

まだ対応しているカジノが少ない

マッチベターが使えるおすすめカジノ

ミスティーノ(Mystino) – 出金条件のないボーナスやサプライズキャッシュバックが人気の2020年に誕生した新しいカジノ。かわいい女の子のアニメキャラクターが日本人に親しみやすいサイトです。

仮想通貨

ビットコイン(Bitcoin)

2009年から使用が開始したビットコインは世界で最もよく知られ、オンラインカジノの中でも一番多く取り扱われている仮想通貨です。

メリット

  • 銀行など仲介しないため24時間365日送金可能
  • 最も需要が大きい仮想通貨
  • 送金速度が速い
  • 送金手数料が安い
  • 法定通貨に換金不要

デメリット

価格の変動が激しい

法体制が変化する可能性がある

ビットコインが使えるおすすめカジノ

ビットカジノ(Bitcasino)- 世界初のビットコインが使えるカジノとして誕生し、本人確認書類の提出不要で入出金が行えます。24時間日本語ライブチャットサポート対応で安心して利用できます。

イーサリアム(Etherium)

ロシア系カナダ人のプログラマであるヴィタリック・ブテリン氏によって考案された仮想通貨。2014年に誕生し、現在ではビットコインに次いで時価総額第2位となっています。

メリット

  • 送金速度が速い
  • 将来性が期待されている
  • スマートコントラクト(仲介者を必要とせずに契約を自動的に履行する仕組み)実装
  • ブロック作成時間がビットコインよりも速い

デメリット

価格の変動が激しい

法体制が変化する可能性がある

イーサリアムが使えるおすすめカジノ

ライブカジノアイオー(Livecasino.io) – 2020年に誕生した新しいライブカジノ専門のオンラインカジノ。賭け条件なしのリベートボーナスが毎週もらえ、レベルアップしていくロイヤルティポイント制度などお得に遊べる注目カジノです。

ライトコイン(Litecoin)

ビットコインに比べると日本ではまだ知名度が高くありませんが、近年の価格上昇から注目されている仮想通貨です。元Google社員のチャーリー・リー氏によって開発され、2011年に発行開始、発行数が多い特徴があります。

メリット

  • 将来性が高い
  • 発行上限がビットコインの4倍
  • 決済サービスに力を入れている
  • ビットコインよりもブロック生成速度が速い

デメリット

価格の変動が激しい

法体制が変化する可能性がある

ライトコインが使えるおすすめカジノ

カジノイン(Casinoin) – 身分証の提出不要で利用できる仮想通貨専用オンラインカジノ。60社のプロバイダーと提携しており4000種類以上の豊富なゲームで人気ゲームはもちろんのことマイナーなゲームも見つかります。

プリペイドカード

クレジットカードを持っていなくても、前払い(プリペイド)でバーチャルなクレジットを持つことが可能なサービスです。

アストロペイ(AstroPay)

あらかじめ購入した金額までを支払い上限として、ネット上で利用できる使い切りプリペイドカードです。バーチャルカードなど電子マネー決済サービスを提供するLarstal Limited社のサービスです。

日本ではまだあまり知られていませんが、イギリスの金融行動監督庁の規制に基づき、金融業社として正式な許可を受け運営しており安全に利用できる決済サービスです。

メリット

  • 正式に許可を受け20年以上運営している企業で信頼性が高い
  • 口座開設・維持手数料無料
  • 口座開設に本人確認書類の提出不要
  • 金額を決めて課金するので使いすぎ防止できる
  • 本人確認すると出金可能

デメリット

同じバーチャルカードに追加入金はできない

カジノからの出金を現金化することはできない

アストロペイが使えるおすすめカジノ

レオベガス(Leovegas)- ヨーロッパで知名度が高くゲーミング業界で様々な賞を受賞する大手カジノ。厳格なマルタライセンス所有で日本語サポートも完備、安心の環境が整っているので、オンラインカジノ初心者にもおすすめ。

Vプリカ(Vpreca) 

Visaクレジットカードと同様に使用できるインターネット上のプリペイドカードです。日本のライフカード株式会社が提供しています。通常のクレジットカード発行に必要な審査や本人確認が不要で、すぐに発行されて利用できます。

メリット

  • Visa加盟の世界中のネットショップで利用できる
  • 面倒な本人確認不要
  • 審査がなく待ち時間なし
  • 通常のクレジットカードのように使える
  • ネット上で明細がチェックできる
  • 事前に上限額が決められて安心

デメリット

残高の引き出しはできない

Vプリカが使えるおすすめカジノ

ボンズ(Bons Casino)- 入金不要ボーナスや毎週もらえるフリースピンなど豊富なボーナスが魅力の比較的新しいカジノです。

50社を超える多数のゲームプロバイダーと提携、さらにスポーツベットも利用でき、豊富なゲームが楽しめます。

銀行送金(Bank Transfer)

メリット

  • インターネット上に決済情報を入力不要
  • クレジットカードを持っていなくても入金できる
  • 電子決済サービス(Eウォレット)登録の手間が不要

デメリット

海外送金の場合は手数料が高い・日数がかかる

銀行送金が使えるおすすめカジノ

クイーンカジノ(Queen Casino)- カジノイメージキャラクターに日本の美人女優さんが採用されている華やかなカジノサイトです。豊富なライブカジノ、豪華な入金ボーナスや高額賞金トーナメントなど上級者でも飽きることはありません。

まだまだある決済方法

スモウペイ(SumoPay)

日本の銀行口座とオンラインカジノの仲介をするサービスです。アカウント登録不要でネットバンキングまたはATM振込で利用できます。まだ限られたオンラインカジノでしか対応していないため知名度は高くありませんが、利便性が高いため評判は良いサービスです。

メリット

  • 登録が不要ですぐ利用可能
  • 数時間以内で送金の反映が速い
  • 提携銀行は手数料無料(楽天や三菱UFJなど)
  • 日本円で入出金でき為替手数料がかからない

デメリット

出金は1〜2営業日かかる

スモウペイが使えるおすすめカジノ

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io) – ビットカジノアイオーと同じ系列のブックメーカー。日本のJリーグやプロ野球、世界中のスポーツにベットできます。

タイガーペイ(TigerPay) 

フィリピン法人のURBAN SQUARE PLUS社が創設した電子決済サービス(Eウォレット)です。ジョージアのHUALING KUTAISIの金融ライセンスで運営されています。2021年から正式にサービス提供がスタートした新たなサービスでまだ知名度は低いですがこれからの成長が期待されています。

メリット

  • 口座開設・維持費は無料
  • プリペイドカード発行可能
  • アカウント間送金は瞬時

デメリット

使える場所が少ない

タイガーペイが使えるおすすめカジノ

コニベット(Konibet) – スポーツベット、eスポーツ、豊富なライブカジノゲームなどいろいろ楽しみたい人におすすめのカジノ。受け取り上限なしのリベートボーナスが人気です。

ペイトラ(Paytra) 

日本の銀行口座とオンラインカジノの仲介をするサービスです。直接銀行送金で入金できないオンラインカジノに入出金を希望するユーザーに最適です。日本ではまだ認知度は低いですが他の電子決済サービスよりも手数料が低いことから今後の成長が期待されます。

メリット

  • 休眠口座管理手数料無料
  • 送金手数料・為替手数料無料
  • ペイトラから自分の銀行口座への振込手数料無料

デメリット

使える場所が少ない

ペイトラが使えるおすすめカジノ

ジパングカジノ(Zipang Casino) – 日本のプレイヤー向けに特化したカジノサイトで24時間の日本語サポートがあり初心者にも安心です。15年以上の運営歴を持ち安定感があるオンラインカジノです。

ビーエックスワン(Bxone)

仮想通貨取引所と電子決済サービス(Eウォレット)の役割を合わせ持ちます。日本円を含む3種類の法定通貨とビットコインなど8種類の仮想通貨を両替でき、海外送金手段としても利用できます。運営元は香港に拠点を置くグローバル企業。

メリット

  • 銀行振込の入出金に対応
  • 入金手数料無料
  • 口座開設が本人確認書類不要で簡単
  • プリペイドカードあり(ATM出金可能)

デメリット

出金手数料が取引額の1%発生する

オンラインカジノで決済方法を使うときの注意点

「知らなかった!」と後悔しないよう、気をつけるポイントを紹介します。

通貨、為替、手数料

カジノによって取り扱い通貨が異なります。一般的に米ドルやユーロが多く、中には日本円が選べるカジノもあります。ドルやユーロの場合は為替レートにより影響を受けることを考慮しておきましょう。また、この為替レートはクレジットカード会社や電子決済サービス会社によりそれぞれ異なるので利用するサービスで確認してください。

入出金方法により、手数料が数%かかる場合があります。カジノによっては全て手数料無料としていることもあります。入金する前に一度手数料についてチェックをおすすめします。

入金と出金を同一の方法に

オンラインカジノでは多くの場合で入金方法と決済方法を同一でないといけないと定められています。例えば電子決済サービスのエコペイズでカジノに入金した場合、出金もエコペイズのアカウントへ送金しないといけません。

ただし、例外がクレジットカードです。日本ではカジノからクレジットカードへ出金する方法が利用できないため、クレジットカードで入金をした人は、出金方法を銀行送金/電子決済サービス/仮想通貨など他の有効な方法から選ばないといけません。

そのため、クレジットカードで入金したい場合は、勝利金を引き出すときの出金方法を考えた上でカジノを選ぶのがおすすめです。

最少額・上限額

オンラインカジノの入金では好きな金額が好きなだけ入出金できるわけではありません。通常、最低入金額が10ドル以上など設定されており、300円だけ入金したい、というのは金額が小さすぎてできません。また出金額も1回の引き出しは20万円や200万円など上限が決まっています。一部「上限額なし」という高額を動かすハイローラーに向いているカジノもあります。

新しい決済方法

新しい電子決済サービスや仮想通貨が使えるようにしてユーザーの利便性を向上させるよう、オンラインカジノは随時更新しています。最新の決済方法のニュースをメールやお知らせページなどで見逃さないようにしましょう。

出金申請

出金申請はカジノによって対応は異なる場合がありますが、原則1日1回と定められていたり、同日に複数回出金申請をすると出金スピードが遅くなる場合があります。

また、実行中の入出金の手続きが完了する前に次の入出金を重ねて行わないようにしましょう。

オンラインカジノの入出金でよくある問題やトラブルと解決方法

入出金がスムーズにいかないと、大切なお金を失ってしまう!?とパニックになりがちですが、多くのユーザーがおかしがちなミスがいくつかあります。

入金できない!となったら、落ち着いて入力した情報に間違いがないか確認しましょう。カード番号やアカウント情報、文字の入力ミスはないでしょうか?ちゃんと記入したつもりでも1文字でも間違っているとうまくいきませんので、再度チェックしましょう。

クレジットカードの限度額に達していないでしょうか?電子決済サービスに十分な残高がありますか?入金したい金額に対して残高不足が考えられます。

本人確認手続き(KYC)は済んでいますか?アカウントの認証が済んでいないと出金できないカジノが多くあります。出金の前に本人確認を済ませましょう。

上記の点を全てチェックしても入出金の問題が解決できない場合は、カジノのチャットサポートに相談してみましょう!

一番シンプル・簡単な入出金方法は?

クレジットカード・銀行送金

日本のユーザーにとって最も身近で使いやすい入金方法はクレジットカード、または銀行送金でしょう。オンラインカジノ初心者でもハードルなく始められるでしょう。

エコペイズ・ヴィーナスポイント

現時点で最も多くのオンラインカジノで導入されている電子決済サービスはこの2種類でしょう。いろいろなカジノを利用する場合でも使えるかどうか心配がありません。

ヴィーナスポイントへは直接現金を入金できない点がありますが、クレジットカードでカジノに入金して、勝利金をヴィーナスポイントに出金する、という方法で利用すると使い始めやすいのではないでしょうか。

一番スピードが速い入出金方法は?

仮想通貨

即時〜10分ほどで入出金が完了する一番早い決済方法です。

スティックペイ(Sticpay)

スティックペイとオンラインカジノの送金は即時(1分以内)に反映され、スティックペイから国内銀行への出金は半日以内です。カジノから銀行送金は2〜3営業日かかる場合が多いですが、スティックペイを利用すると早く現金化が可能です。

重要!決済方法別の手数料の違い

エコペイズ(Ecopayz)

銀行振り込みによる入金:0.00~10.00%

クレジットカードによる入金:1.69~6.00% + 32円

銀行送金:767~1,300円

ヴィーナスポイント(Venus Point)

ポイントの受取、送付の手数料は無料(ただし換金手数料900ポイントあたり1.8ポイント=0.2%)

スティックペイ(Sticpay)

国内銀行:2%

ビットコイン・ライトコイン:1%

MasterCard・VISA:3.85%

マッチベター(MuchBetter)

銀行送金:0.00~5.00%

JCB:0%

仮想通貨:2%

仮想通貨

利用する取引所・販売所によって手数料が異なります。

銀行送金

ネット銀行は振込手数料が安いまたは無料。

その他の銀行は一般的に同銀行間以外は数百円の手数料が発生します。

JCBクレジットカード

海外サイトでの利用は1.6%を加えた換算レートで日本円に換算されます。

最も手数料を抑えるならば、ヴィーナスポイントはアカウントに直接現金を入金できないデメリットはありますが、手数料の低さが魅力です。

また、銀行送金でもネット銀行で手数料無料で利用できる銀行であれば費用を抑えられます。

使用できなくなった入出金方法

スクリル(Skrill)

2001年イギリスで誕生したオンライン決済サービスです。PaySafeグループ企業で、イギリスの金融行動監督庁の規制に基づき、金融業社として正式な許可を受け運営されています。

ペイパルに似たようなサービスとして海外では認知度が高く、以前は日本市場でサービス展開していましたが2016年に撤退しました。

そのため現在日本円は扱われてサイトの日本語表記もありません。

メリット

  • 仮想通貨での取引可能
  • ローカル決済は無料
  • 入金方法が豊富

デメリット

日本で利用できない

ネッテラー(Neteller)

スクリルと同じ運営元によるオンライン決済サービスでイギリスの金融行動監督庁の規制に基づき、金融業社として正式な許可を受け運営されています。オンラインカジノやFX取引のユーザーに主に利用されており200カ国22の通貨に対応しています。日本でのサービスは2020年に撤退しました。

メリット

  • 仮想通貨の取引可能
  • ヨーロッパで広く利用されている
  • プリペイドカードあり

デメリット

日本で利用できない

オンラインカジノの入出金方法まとめ

既にオンラインカジノをいろいろ楽しんでいるユーザーは、いくつかの決済方法を用意している場合が多く、こうしたベテランユーザーにはエコペイズまたはヴィーナスポイントが特に人気です。

一方で、初心者ユーザーには、クレジットカード&銀行送金がおすすめです。これらの方法なら、新たな決済方法のアカウント開設などの手間が不要で使いやすいといえます。

できるだけスピーディーにストレスなく決済をしたいプレイヤーには、スピード出金が魅力のスティックペイや仮想通貨がおすすめです。仮想通貨を取り扱うカジノは年々増えていますので、オンカジ上級者であれば選択肢の一つとして保持しておきたいですね。

神カジノ
2021年 09月 23日
神カジノが2020年にオンラインカジノ情報総合ポータルの運営を開始しました。 神カジノのスタッフはオンラインカジノのチェックに従事してるおり、スロット、ポーカー、ブラックジャック、ルーレット、スポーツベッティングを毎日のようにプレイしています。 実際のプレイヤーとしての経験に基づいて、徹底的なレビューを皆様にお届けします。 数あるオンラインカジノから自分好みのサイトを選んで、気軽にプレイしてみましょう。