ジャックポットシティカジノ登録方法

ジャックポットシティカジノの登録方法!入力例付きで分かりやすく紹介!

カジノファンの間で根強い人気を誇る老舗のオンラインカジノ、ジャックポットシティ。今回はジャックポットシティカジノの登録方法を入力例付きで詳しくご紹介します!

ジャックポットシティカジノの登録ステップ

ジャックポットシティカジノロゴ
  • 初回入金:400$
  • 2回目入金:400$
  • 3回目入金:400$
  • 4回目入金:400$
プレイ

ジャックポットシティカジノの登録はシンプルで簡単。「サインアップ」ボタンをクリックすると表示されるオンラン登録フォームに必要情報を入力するだけで登録完了です。

一緒にやってみましょう!

1.「サインアップ」ボタンをクリック、オンライン登録フォームが開きます。

ジャックポットシティカジノサインアップ

2.登録フォームに以下の必要事項を入力してください。

ジャックポットシティカジノ登録画面

国名 日本(表示されていない場合は、プルダウンメニューから選択します)
ユーザーネーム カジノで使う名前を半角英数で入力してください。既に他のユーザーが使用している場合は、別の名前を入力してくださいと表示されます。
Eメール ジャックポットシティカジノ登録用のメールアドレスを入力してください。
パスワード 8~20文字、1つ以上の文字、数字が必須です。特殊文字( @#$%^&*:;)の利用が可能です。
お名前 半角アルファベット(字は使えません)で入力してください。
ご名字 半角アルファベット(字は使えません)で入力してください。
生年月日 プルダウンメニューから選択します。
性別 プルダウンメニューから選択します。
言語 プルダウンメニューから選択します。
通貨 プルダウンメニューから選択します。
携帯電話番号 日本の国際番号+81 が表示されていることを確認してください。
住所1 市区町村名の後、番地など入力してください
住所2 市区町村名の後、番地など入力してください
市区町村 県名の後の市区町村名を入力してください
プルダウンメニューから選択します。
郵便番号 7桁の郵便番号を入力してください。

3.以下の3点が表示されますので、希望される項目にチェックを入れてください。

ジャックポットシティカジノ登録方法

ウェルカムボーナス、及び、個別のプロモーションオファーをSMSや、電話、メールにて受け取る事を希望します。
18歳以上であり、 利用規約 と プライバシーポリシーに同意します(必須項目です。利用規約を確認してチェックを入れてください。)
このアカウントを記憶する

選択したら、「登録」ボタンを押してください。

ジャックポットシティカジノロゴ
  • 初回入金:400$
  • 2回目入金:400$
  • 3回目入金:400$
  • 4回目入金:400$
プレイ

以上で登録手続き完了です。

ジャックポットシティカジノの本人確認

ジャックポットシティカジノでは、登録時に本人確認の手続きは必須ではありません。

本人確認の手続きは、引き出し処理をする際に必要です。

ただし、具体的な金額の設定等はありませんが、初回または、はじめの数回が少額の場合は本人確認が必須でない場合があります。

ジャックポットシティカジノロゴ
  • 初回入金:400$
  • 2回目入金:400$
  • 3回目入金:400$
  • 4回目入金:400$
プレイ

本人確認の手続き完了までの時間はケースバイケースのため、ジャックポットシティカジノでは本人確認手続きは早めに完了しておくことをお勧めしています。

本人確認に必要な書類は以下になります。

写真付きの公的証明書(運転免許証やパスポート等)
氏名、生年月日が確認できるもの
A: 6ヶ月以内に発行された公共料金(電気、ガス、水道料金)の請求書またはB: 銀行の取引明細書
氏名、住所が確認できるもの

ジャックポットシティカジノでの登録に関するFAQ

1)本人確認書類の提出は必要ですか?

登録時には必要ありません。
金融取引(引き出し)時に本人確認が必要な場合があります。

2)本人確認はどれぐらい時間かかりますか。

本人確認に必要な時間は、場合により異なります。そのため、時間に余裕をもって手続きをすることをお勧めします。

3)複数のアカウントを開設することはできますか?

できません。
1名様に付き1アカウントのみ開設可能です。

4)登録料金はありますか?

ありません。ジャックポットシティカジノへの登録は無料です。

5)登録に必要な情報は?

お名前、Eメールアドレス、お電話番号、ご住所、生年月日など、登録時に必要な項目が登録時にフォームに表示されます。お名前、住所などの記載情報は、ご本人が確認できる書類(免許書やパスポート等)と同じである必要があります。