オンラインカジノでブラックジャックを100%楽しむ方法徹底解説!【2021年最新版】

基本ルールを押さえると初心者でもすぐ楽しめるブラックジャックは、オンラインカジノゲームの中でも還元率が高く、稼げるゲームとして人気です。 特に臨場感が魅力のライブカジノで人気が高く、ハイローラーにも好まれるブラックジャックについて徹底解説いたします。

ブラックジャックをプレイしてみよう!

カジノ ボーナス プレイ 入金
1 ライブカジノハウス(Live Casino House) ライブカジノハウス
$430+200フリースピン
ヴィーナスポイント
銀行送金
アイウォレット
クレジットカード
マスターカード
+3
2 ナショナルカジノの評判・口コミ、登録ステップ、入金出金方法、ボーナス ナショナルカジノ
¥35000+150FS
ヴィーナスポイント
マッチベター
クレジットカード
マスターカード
エコペイズ
+2
3 ワザンバカジノのレビュー:決済方法・口コミ・登録ステップ・ボーナス ワザンバカジノ
195,000¥✙250フリースピン
エコペイズ
マスターカード
クレジットカード
4 バルカンベガス バルカンベガス
140,000円✙175フリースピン
ヴィーナスポイント
スティックペイ
アストロペイ
マッチベター
クレジットカード
+3
5 スロッティカカジノ(Slottica)レビュー スロッティカカジノ
¥24,000✙30フリースピン
ビットコイン・仮想通貨
エコペイズ
マスターカード
クレジットカード
JCBカード

はじめに

ブラックジャックは数百年に渡って世界中でプレイされているゲームで、今なお人気は衰えていません。

ブラックジャックが未だに愛されている理由としては、基本ルールがシンプルでわかりやすいことや、勝ち負けが運だけで決まらないこと、ハウスエッジが低く、プレイヤーの勝率が高いことなど様々ですが、なんといってもその醍醐味はディーラーとのやりとりと言えるでしょう。

オンラインカジノにはコンピューターのみで制御されたブラックジャックのゲームもありますが、ライブカジノのブラックジャックではプロのディーラーとチャットでやりとりをすることができるため、より臨場感を味わいながらゲームをプレイすることができるようになっています。

今回はそんなブラックジャックというゲームについて紹介していきます。

ブラックジャックの基本ルールを解説

ブラックジャックは簡単に言うと、配られた2枚のカードの合計を「21」に近い数字にすることで勝利を目指すゲームです。実際のゲームでは、トランプのカード52枚(ジョーカーを除く)が使用されます。また、ブラックジャックはトランプカードの絵札の数字の数え方などが他のゲームよりも特殊なので、その点は注意が必要です。

 

プローが解説!ブラックジャックの基本ルールの説明動画!

ゲームの流れ

①プレイヤーはベット額を決めてその分のチップを置く

②ディーラーからカードが2枚ずつ配られる(この時点でディーラーのカードは1枚表向きになっている)

③プレイヤーは3枚目のカードを引くか決める(ヒットorスタンド)

④ディーラーのカードが2枚とも表向きになる

⑤ディーラーはカードの合計が16以下の場合、3枚目のカードを引かなければならない

⑥ディーラーのカードの合計が17以上であれば、3枚目のカードを引かずに勝負

⑦ディーラーが3枚目のカードを引いてカードの合計が21を変えれば「バースト」となり、ディーラーの負けが確定する

勝ち条件・負け条件

勝ち条件

①ディーラーのカードの合計よりもプレイヤーのカードの合計が「21」に近い場合

→この時プレイヤーのカードの合計が「21」を超えているとプレイヤーの負けとなります。

②ディーラーが「バースト」した場合

→ディーラーのカードの合計が「21」を超えた場合、ディーラーが「バースト」したことになり、プレイヤーの勝ちとなります。

負け条件

①ディーラーのカードの合計がプレイヤーのカードの合計よりも「21」に近い場合

→この時ディーラーのカードの合計が「21」を超えているとプレイヤーの勝ちになります。

②プレイヤーがバーストした場合

→プレイヤーのカードの合計が「21」を超えた場合、プレイヤーが「バースト」したことになり、ディーラーの勝ちとなります。

引き分け

①プレイヤーとディーラーのカードの合計が同じ場合

→ベット額はそのまま返却されるので±0となります。ですが、プレイヤーとディーラーが両方ともバースとした場合は、引き分けではなくプレイヤーの負けということになるので注意しましょう。

知っておきたい用語

  • チップ:プレイヤーの賭け金
  • カード:プレイヤーにそれぞれ配られるカード
  • ディスカードホルダー:ゲームで使用されたカードの束
  • シュー:ゲームで配られる前のカードの束
  • アップカード:ディーラーのカードのうち、表向きのカードのこと
  • デック:52枚のトランプカード(ジョーカーを除く)
  • ヒット:手札にカードを1枚追加
  • スタンド:カードの追加をせず、今の手札のままでいること
  • ダブルダウン:賭け金を2倍にして手札にカードを一枚追加する
  • スプリット:最初に配られる2枚のカードが同じ数字の際、カードを2グループに分けること
  • サレンダー:ゲームを降り、賭け金の半分が戻ってくる
  • インシュランス:ディーラーが「21」のブラックジャックであった場合に賭け金の半分を追加で賭けること
  • ブラックジャック:最初に配られたカード2枚の合計が「21」であること
  • プッシュ:プレイヤーとディーラーのカードの合計が同じになること
  • バースト:カードの合計が「22」以上となること

ブラックジャックの賭け金・配当金は?

ブラックジャックの基準となる配当の倍率は以下の表の通りです。

なお、ベットできる最小額と最大額はカジノやブラックジャックの種類によっても異なりますので、今回はわかりやすく「10ドル」を賭けた場合を考えます。

勝敗 概要 賭け金 配当 払い戻し
勝利 ディーラーよりもカードの合計数が「21」に近い場合 10ドル 2倍 20ドル
ブラックジャックとなった場合 10ドル 2.5倍 25ドル
敗北 10ドル 0倍 0ドル
引き分け 10ドル 1倍 10ドル

ブラックジャックは稼げる?還元率・ハウスエッジは?  

ブラックジャックは、数多くあるカジノゲームの中でも還元率がかなり高いため、非常に高い人気を誇っています。還元率とは、プレイヤーが得られる損益の割合のことです。

ブラックジャックの還元率は、ゲームの種類によっても若干の差がありますが、96%以上であることが多いので、もしも1000ドルをゲームで賭けたとしたら、おおよそ960ドルが払い戻しされることになります。

「ええ?ブラックジャックの還元率って100%超えてないの?」と思う方もいるかもしれませんが、ギャンブルにおいて還元率が100を超えることはまずありません。なぜなら、還元率が100%を超えてしまうとギャンブルの運営元が儲からなくなってしまうからです。

しかしながら、ブラックジャックの還元率は100%は超えていないものの、他のギャンブルと比べるとその還元率が高いことがよくわかります。ブラックジャックの還元率はおおよそ96%以上ですが、パチンコは85%、競馬・競輪・競艇は75%、宝くじは45%と、ブラックジャック以外のギャンブルは非常に還元率が低いです。

一方、ブラックジャック以外のオンラインカジノで人気のゲームの還元率は、スロットが93%、ルーレットが94.7%、バカラが98.7%、クラップスが99.3%などと、ブラックジャックに引けを取らない高い還元率となっています。

ブラックジャックの還元率はおおよそ96%と前述しましたが、後述する「ベーシックストラテジー」や「カウンティング」などをフル活用すれば、その還元率を理論上、最大102%にまで引き上げることが可能と言われています。

つまり、プレイの仕方次第では、ブラックジャックはカジノのゲームの中で最も還元率の高いゲームになり得るのです。

ブラックジャックの基本戦略とは?

ブラックジャックの基本戦略(ベーシックストラテジー)とは、ゲームをプレイする上でどのような賭け方をするのかを表に表したもののことです。

このベーシックストラテジーに従ってゲームを進めていけば、ブラックジャックの還元率を高く維持しつつプレイすることが可能となります。還元率を高く維持することができれば、必然的にプレイヤーの利益も大きくなることが期待できるので、ブラックジャックをプレイする際はこのベーシックストラテジーを積極的に使うようにするといいでしょう。

ベーシックストラテジーにおいては、「ストラテジーチャート」という既に作られているチャートを使用してゲームを進めていくことになります。

ストラテジーチャート自体は、Google等で調べればすぐに画像が出てきます。このストラテジーチャートには、プレイヤーに最初に配られるカードの合計数と、ディーラー側のアップカードの数字に応じて、どの選択(ヒット・スタンド・ダブルダウン・サレンダー・スプリット)をすればいいのかが記載されています。

この記載された選択をただただ繰り返すだけなので、やること自体はとてもシンプルで簡単です。ちなみに、プレイヤーのカードの合計数が縦列、ディーラーのアップカードの数字が横列になっているため、その2つが交わる部分が選択するべきアクションとなります。

 

ブラックジャック基本戦略の解説動画!

ストラテジーチャートはプレイヤーが最初に引いたカードによって異なり、以下の3種類が用意されています。

①ハードハンド(最初に配られたカードに「A」がない場合)

→ベーシックストラテジーの中で最も基本的な戦略。

②ソフトハンド(最初に配られたカードに「A」がある場合)

→手元に既に「A」があるので、「A」を「1」としても「11」としても扱うことができる。これにより、ハードハンドよりも強気な戦略を取ることが可能。

③スプリット(最初に配られたカードが2枚とも同じ数字の場合)

→スプリットはベーシックストラテジーの中では最も特殊なパターン。このチャートを使う場合はほとんどの場合スプリットを選択することになる。

また、ベーシックストラテジーを用いる場合は以下の3点に十分注意するようにしてください。

①どんな状況にあってもストラテジーチャートに沿ってゲームを進める

→最も重要なのは、どれだけ大勝ちしていたり、追い詰められたりしているような状況であっても、ストラテジーチャート通りにゲームを進めることです。時には冷静ではいられないような場面に出くわして、途中で戦略を変えたり、攻めるべきところで攻めなかったり思想になることがあるかもしれませんが、ベーシックストラテジーはゲーム終了まで続けることに意味があるので、途中でストラテジーチャートから外れたアクションを取るのは良くありません。

②インシュランスを使わない

→インシュランスは、ディーラーの伏せカードが「10」の数字を示すカードである場合のみ成功となるため、あまり当たる確率が高くなく、リスクがとても高いです。具体的には、ディーラーの伏せカードが「10」の数字を示すカードである確率は30.76%となっているため、この確率にかけるリスクとリターンは釣り合ってるとは言い難いです。

③ディーラーの伏せカードは常に「10」であると考える

→ブラックジャックは「10」の数字を示すカードが持つ意味がとても強いです。ディーラーのアップカードはプレイヤー全員に見えていますが、伏せカードに関しては当然数字が分からないのである程度予測しておく必要があります。この伏せカードが「10」の数字を示すカードである場合(30.76%)が最もプレイヤーにとって不利と言えます。もしそうなった場合は、アップカードが「10」であれば合計数が「20」となり、アップカードが「A」であれば合計数は「21」(ナチュラルブラックジャック)となってしまうため、勝つことはほとんどできなくなってしまいます。そのため、最悪の状況を想定してディーラーの伏せカードは常に「10」であると考えておいた方がいいです。

ブラックジャックのカウンティング法は?

カウンティングとは、場に出たカードをカウントしていく戦略のことです。具体的には、場に出たカードを1枚ずつ覚えていき、記憶したカードの種類に応じて今後のカードを予測し、対策を立てるというのが主な立ち回りになります。

ブラックジャックにおいては、カードがディーラーとプレイヤー、シューに分けられていますが、それら全てのカードの位置や数字を把握していれば、当然自分の有利なようにゲームを進めていくことが可能です。

通常、何も考えずにプレイするよりも、このカウンティングを活用して場の状況を把握できれば、どのタイミングで積極的にリスクを取るべきか、消極的になるべきかなどがわかりやすくなるため、還元率はとても上がりやすくなります。

ブラックジャックカードカウンティングの解説動画!

まず、カウンティングにおけるポイントは以下の3点が挙げられます。

①「10」の数字を示すカードが多いことを理解しておく

→ブラックジャックでは、2〜10までのカードはそのままの数字でゲームで扱われますが、絵札である「J、Q、K」なども「10」として扱われるため、必然的に「10」として扱われるカードの枚数は多くなります。ブラックジャックはカードの合計数が「21」を目指すゲームとなっているため、「10」のカードと「A」は非常に重要な役割を持つことになります。このうち、「10」のカードが出る確率は約30%となるため、ゲーム内で「10」のカードを意識し続けるのがカウンティングにおいても重要です。

②シューに「10」のカードが多く残っていればプレイヤーの方が有利

→カウンティングによってシューに「10」のカードが多く残っていることを知ることができれば、自分が今有利な状況にあることを知ることができます。

ブラックジャックのルールにおいては、ディーラーのカードの合計が「16」以下であるときもう1枚カードを引かなければならないと定められているため、シューに「10」のカードが多ければ必然的にディーラーがバーストする可能性が上がるのです。

このように、カウンティングを用いて、プレイヤーにとって有利な状況か不利な状況かを見極めることも重要となってきます。

③シューの中のカードを予測する

→カウンティングでは、場の全てのカードの数字を覚えて、シューの中にどのようなカードが残っているのかを予測することになります。デック数が多いほどその作業は難しくなっていきますが、場に出たカードを1枚1枚覚えていけば、自然とシューに残っているカードもある程度目星がつき始めます。そうすると、その後も冷静にプレイできるようになってくるので、勝率も上がりやすくなります。

また、カウンティングを実践する際は以下の2点に注意しましょう。

①ギャンブルである以上、「100%勝てる」保証はない

→カウンティングは確率と統計を考慮しつつ、効率的にゲームを進めていくものなので、何も考えずプレイするよりは確実に期待値は上がりやすくなるのですが、ブラックジャックもギャンブルである以上、カウンティングを使ったからといって「100%勝てる」保証はありません。

②カウンティングが使える場面は限られている

→カウンティングはどの場面でも使えるわけではありません。結論から言うと、ライブカジノでは積極的に使うことができ、ランドカジノでは記憶力が必要とされ、通常のゲームでは使用することができません。

ライブカジノ

最もカウンティングをするのに適しているのがライブカジノです。ライブカジノではランドカジノのように誰かに見られる心配をすることなく、メモをとりながらゲームを進めることができますし、配布されるカードがいつリセットされるかも常に見ておくことができます。

ランドカジノ

ランドカジノでは基本的にカウンティングが禁止されている上、仮にカウンティングするとしてもかなりの記憶力が求められることになります。カウンティングが禁止されているのは、カウンティングによってプレイヤーが勝ちすぎて、カジノ側の利益が減ってしまうことを少しでも防ぐためであると考えられます。ランドカジノではメモを取ることもできないので、カウンティングをする際は全て脳内にカードを記憶していくため、あまりカジノ側にバレることはありませんが、不審な挙動やベット額の不自然な変動などがあれば退室させられる可能性もあるので十分注意しましょう。

通常のゲーム

通常のブラックジャックでもカウンティングは使えなくはないのですが、配布されるカードやデックがリセットされているタイミングをプレイヤーが知ることができないため、カウンティングをしてもほとんど意味がないといっていいでしょう。

ここからは、具体的なカウンティングの方法を紹介していきます。

カウンティングにも様々な種類がありますが、どの種類においてもカードのグループ分けの作業が行われます。

例えば、カウンティングの中でもハイローシステムの場合は2〜6のカードが「+1」、7〜9のカードが「±0」、10以上のカードが「+1」と言うグループに分類されます。このように簡単に3つのグループに分類することによって、より簡単にカウンティングを行うことが可能となります。ハイローシステムにおいては、プレイヤーとディーラーのそれぞれのカードをグループに分類し、それらの合計数で現在の場の状況を判断します。ゲームが1デックで行われている場合は、この合計数が「+2」以上になった時に「ヒット」や「ダブルダウン」で積極的に攻めたプレイングをするといいでしょう。逆に、合計数が「−2」以下になったら消極的なプレイングを心がけるようにしてください。

また、デック数によって、カウントを開始する数字や積極的に攻めたプレイングをする基準となる「キーカウント」の数字は異なってくるので、以下の表で確認してください。

デック数 カウント開始の数字 キーカウント
1 0 2
2 -4 0
3 -12 -2
4 -20 -4
5 -28 -6

ブラックジャックで使える攻略法を紹介

ベーシックストラテジーやカウンティング以外にも、ブラックジャックで使える攻略法には様々な種類があります。今回はその中から厳選して幾つかを紹介していきます。

①ココモ法

ココモ法は1つ前のゲームと2つ前のゲームの賭け金を足した合計を次のゲームの賭け金にすると言う攻略法です。最も効果を発揮するのは3倍配当のゲームではありますが、ブラックジャックでも使用することが可能です。

②ウィナーズ法

ウィナーズ法は2連敗してからスタートするという攻略法です。ゲームで2連敗したら、1ゲーム目と2ゲーム目の賭け金を数列に変換し、勝利すればその数字を削除し、敗北すれば賭け金分を数列に追加して損失を回収していくと言うのが大まかな流れとなります。

③マーチンゲール法

マーチンゲール法はかなりシンプルで、負けた時はその次のゲームで賭け金を倍にしていくというだけの攻略法です。1勝さえしてすれば損失を全て取り返すことができる分、賭け金が膨らむのが早いためリスクも高いです。

④グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法は負けた際に、その次のゲームで倍の賭け金とプラスαの賭け金を合わせて賭けることで1勝した際の利益をさらに伸ばすことを目的として攻略法です。プラスαの賭け金も追加することになるため、連敗した際のリスクはマーチンゲール法よりも高まります。

⑤2in1法

2in1法は2ゲーム分の負けを1勝して取り返すという攻略方法で、損失を一気に回収するのではなく、数列を利用しながら少しずつ回収していくことになります。マーチンゲール法などと違って賭け金が大きくなりにくいため、少ない資金でも使うことができます。

⑥パーレー法

パーレー法はマーチンゲール法と行うことが真逆で、連勝した際に賭け金を倍々にしていく攻略法です。連勝さえすれば短時間でかなり大きな利益を得ることができますが、1敗でもすれば利益を全て失うので、連勝している時のやめ時の判断が重要となります。

⑦グランパーレー法

グランパーレー法では、勝利した際に前ゲームの賭け金を倍にしてさらにプラスαの賭け金も追加するため、連勝すればパーレー法よりもさらに大きな利益を得ることができます。

⑧グッドマン法

グッドマン法は、勝つたびに賭け金を「1→2→3→5」と増やしていく攻略法です。ここで言う「1」はあくまで1単位なので、賭け金を10ドルなどからスタートしても問題はありません。

⑨バーネット法

バーネット法は勝つたびに賭け金を「1→3→2→6」と増やしていく攻略法です。短期間で稼ぐよりは長期間で稼ぐことに長けており、連勝後に連敗しても利益を全て失うことがありません。

⑩10%法

10%法は資金の10%を常に賭け金とする攻略法です。勝って資金が増えても、負けて資金が減っても資金の10%を常にかけ続けるので、状況に応じ他判断を求められることがなく、常にリスクヘッジをしながらプレイすることができます。

ブラックジャックの種類を紹介

ブラックジャックには多種多様な種類がありますが、そんな中から今回は3つを紹介します。

①インフィニットブラックジャック

インフィニットブラックジャック

通常のブラックジャックではテーブル一つに座席は7席しかありませんが、インフィニットブラックジャックでは席数が無制限となっています。その上いつでも参加することができるため、席数制限や時間に縛られることなくプレイすることができます。

②ブラックジャックエクスチェンジ

ブラックジャックエクスチェンジ

ブラックジャックエクスチェンジはかなり特殊なゲームで、カードの強さに応じてカードの価値が設定されています。このカードを売り買いしたりすることで資金を増やしたり、お金を支払って新たにカードを手に入れることもできます。

③スピードブラックジャック

スピードブラックジャック

スピードブラックジャックは、通常のブラックジャックとは異なり、プレイヤーがそれぞれゲームを進めていくことができるので、よりスムーズにプレイすることができます。そのため、あまり長時間ゲームをプレイできない人などに人気のゲームです。

ブラックジャックが楽しめるオンラインカジノを紹介

ブラックジャックを楽しめるオススメのオンラインカジノとしては、以下の5つが挙げられます。

インターカジノ

インターカジノボーナス

カジノ名 インターカジノ
入金方法 ・visa

・Mastercard

・JCB

・エコペイズ

・マッチベター

・ヴィーナスポイント

・ビットコイン

・ライトコイン

・イーサリアム

・リップル

・国内銀行送金

出金方法 ・エコペイズ

・マッチベター

・アイウォレット

・ヴィーナスポイント

・国内銀行送金

ブラックジャックの種類 ・ブラックジャックパーティー

・VIP ブラックジャック

・ダブルエクスポージャー

・ヨーロピアンブラックジャック MH

・オリジナルブラックジャック

ブラックジャック等のテーブルゲームに使えるボーナスの有無 ・入金不要ボーナス

・ウェルカムキャッシュバック

おすすめポイント 20年以上の歴史があり、出金条件や受け取り期限がない

ミスティーノ

ミスティーノカジノ

カジノ名 ミスティーノ
入金方法 ・visa

・Mastercard

・JCB

・エコペイズ

・スティックペイ

・マッチベター

・ヴィーナスポイント

・ビットコイン

・ライトコイン

・イーサリアム

・リップル

出金方法 ・エコペイズ

・スティックペイ

・マッチベター

・ジェットオン

・ヴィーナスポイント

・ビットコイン

・ライトコイン

・イーサリアム

・リップル

・国内銀行送金

ブラックジャックの種類 ・ライブブラックジャック

・ブラックジャックネオ

・ブラックジャックラッキーセブンズ

・ファーストパーソンブラックジャック

・ブラックジャックダブルエクスポージャー

ブラックジャック等のテーブルゲームに使えるボーナスの有無 ・入金不要登録ボーナス
おすすめポイント 出金条件が緩く、ユニークなキャッシュバックシステムが用意されている

ギャンボラ

ギャンボラリベートボーナス

カジノ名 ギャンボラ
入金方法 ・visa

・MasterCard

・JCB

・エコペイズ

・ヴィーナスポイント

・マッチベター

・スティックペイ

・国内銀行送金

出金方法 ・エコペイズ

・ヴィーナスポイント

・マッチベター

・スティックペイ

・国内銀行送金

ブラックジャックの種類 ・ブラックジャックネオ

・ブラックジャックNN

・ベガスダウンタウンブラックジャック

・ベガスストリップブラックジャック

・ダブルエクスポージャーブラックジャック

ブラックジャック等のテーブルゲームに使えるボーナスの有無 ・入金不要ボーナス

・登録ボーナス

おすすめポイント 「ギャンボラプラス」という独自のリベートシステムが用意されている

ラッキーニッキー

ラッキーニッキー

カジノ名 ラッキーニッキー
入金方法 ・visa

・MasterCard

・JCB

・エコペイズ

・ヴィーナスポイント

・マッチベター

・アストロペイ

・銀行送金

出金方法 ・エコペイズ

・ヴィーナスポイント

・マッチベター

・アストロペイ

ブラックジャックの種類 ・VIP ブラックジャック

・ブラックジャックシルバー

・ブラックジャックダイアモンド VIP

・ブラックジャックグランド VIP

・ブラックジャックパーティー

ブラックジャック等のテーブルゲームに使えるボーナスの有無 ・入金ボーナス

・ウェルカムボーナス

おすすめポイント モバイル端末でも快適にプレイすることができる

ボンズカジノ

ボンズカジノ

カジノ名 ボンズカジノ
入金方法 ・visa

・MasterCard

・JCB

・エコペイズ

・ヴィーナスポイント

・アイウォレット

・ビットコイン

・アストロペイ

・国内銀行送金

出金方法 ・エコペイズ

・アイウォレット

・ヴィーナスポイント

・ビットコイン

ブラックジャックの種類 ・クラシックブラックジャック

・ファーストパーソンブラックジャック

・ヨーロピアンブラックジャック

・レッドタイガーブラックジャック

・シングルデックブラックジャック

ブラックジャック等のテーブルゲームに使えるボーナスの有無 ・入金不要ボーナス

・登録ボーナス

おすすめポイント スロットやライブカジノ、スポーツベットまで幅広いジャンルのゲームを用意している

まとめ

今回はブラックジャックについて紹介してきました。

シンプルなルールながらも非常に奥深いゲームで、今なお世界中の多くの人に愛されているゲームなので、興味が湧いた方がいたらこの機会に一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

神カジノ
2021年 10月 15日
神カジノが2020年にオンラインカジノ情報総合ポータルの運営を開始しました。 神カジノのスタッフはオンラインカジノのチェックに従事してるおり、スロット、ポーカー、ブラックジャック、ルーレット、スポーツベッティングを毎日のようにプレイしています。 実際のプレイヤーとしての経験に基づいて、徹底的なレビューを皆様にお届けします。 数あるオンラインカジノから自分好みのサイトを選んで、気軽にプレイしてみましょう。