31システム法(31 System)の解説:使い方、メリット・デメリット

最大損失が定額で、低資金でも使える31システム法は、数列と表を確認しながら進めます。難しそうに聞こえるかもしれませんが、使い方を理解できれば簡単です。また、特にオンラインカジノでの利用に適しています。

今回は初めての方でも理解しやすいよう、メリット・デメリットをおさえた上での使い方をご紹介してまいります。

31システム法とは

カジノ必勝法で有名な31システム法ですが、このシステムはFXや為替投資で応用されたり、競馬にも使用されています。海外で生まれたこの戦略は「31 System」または「 31- parlay system」と呼ばれ浸透しています。

31システム法は、『1,1,1,2,2,4,4,8,8』の数列を用いて9回にわたってベットし、その数列の合計が31になることが名称の由来です。

この数列の1を1ドルとして賭けていき、万が一、9連敗したとしても31ドルのマイナスですむこと、つまり、最大損失額が決まっていることが最大の特徴です。

一方で、2連勝すると1セット内で必ず利益が出るのがもう一つの大きな魅力です。連敗したあとの連勝でも利益になりやすく、連勝さえ出れば確実に利益を重ねていけます。

オンラインカジノの勝利戦略としての31システム法

31システム法のように数列を使う場合は、うっかりミスで戦略の効果を失わないためにも、数列を確認しながら、メモを見ながら勝負を進めたいものです。

本場カジノではメモを取りながらプレイすると注意されたり、携帯で記録をとることも禁止されている場合があります。せっかく覚えて使いたい攻略法があっても、書き留めたりできず全てを頭の中で行うのは簡単ではありません。まして初心者にはハードルが高すぎます。

その点、紙やペンを持って自由にプレイできるオンラインカジノは、31システム法を試すのには最適の環境です。

新しく覚えた戦略を、無料プレイで失敗を恐れずに練習することも可能です。慣れてから実際のお金を賭けられるのでオンラインカジノならば安心ですね。

31システム法の使い方

では実践での31システム法の使い方をステップごとに見ていきましょう。

31システム法におすすめのゲーム

31システム法の実践におすすめのゲームは、勝率1/2・2倍配当のゲームです。

例えば、

などがこの条件に相当します。

基本の流れ


ベット額は『1→1→1→2→2→4→4→8→8』の順で増やす

・負けるとこの流れで最後まで行き、負けの合計額は31ドル

ゲーム回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ベット額 $1 $1 $1 $2 $2 $4 $4 $8 $8
ベット額累計 $1 $2 $3 $5 $7 $11 $15 $23 $31

表の最後まで行ったら1セット終了で最初の1に戻ります。

・勝ったら次回のベット額は2倍にアップ
・2連勝したら最初の1に戻る

ゲーム回数 1 2
ベット額 $1 $1 $1 $2 $2 $4 $4 $8 $8
勝ち 勝ち 1セット終了で$1に戻る

勝った場合は次のベット金を2倍に、次も勝って2連勝になったら1セット終了です。2連勝したら31システム法成功です。

31システム法チェック表

『1→1→1→2→2→4→4→8→8』の流れをチェック表で見ると以下のようになります。

負け→
勝ち↓ 1回目 2回目 3回目
A 1 1 1
B 2 2
C 4 4
D 8 8
  • 最初は上の表の [A 1回目]の場所にいます。
  • 勝ったら下の段へ移動し、2ゲーム目は [B 1回目] の場所です。
  • 2連勝が完了できたら、また [A 1回目] に戻ります。

負けたらAの列を右へ 1回目→2回目と移動し、勝ったらA→B→Cと下へ移動します。[D 2回目]まで到達したら、再び [A 1回目] からスタートします。

31システム法検証

バカラのバンカーに賭けて10ゲームした場合の結果です。

ゲーム回数 表の位置 ベット額 勝敗 勝敗後の資金
1 A 1回目 1 負け -1
2 A 2回目 1 負け -2
3 A 3回目 1 勝ち -1
4 B 1回目 2 負け -3
5 B 2回目 2 負け -5
6 C 1回目 4 勝ち -1
7 D 1回目 8 勝ち 7
8 A 1回目 1 負け 6
9 A 2回目 1 勝ち 7
10 B 1回目 2 負け 5

10回のゲームを終えて、5ドルプラスです。6回目と7回目で2連勝でき、31システム法が1セット完了できたので、8回目は最初の1ドルベットに戻りました。

4勝6敗で負けの数が多いにもかかわらず、利益が出ました。これが2連勝ができれば利益が出ると言われる31システム法の効果です。

一方で、連勝が出ない場合のゲームは次のようになります。

ゲーム回数 表の位置 賭け金 勝敗 勝敗後の資金
1 A 1回目 1 勝ち 1
2 B 1回目 2 負け -1
3 B 2回目 2 勝ち 1
4 C 1回目 4 負け -3
5 C 2回目 4 勝ち 1
6 D 1回目 8 負け -7
7 D 2回目 8 負け -15
8 A 1回目 1 負け -16
9 A 2回目 1 勝ち -15
10 B 1回目 2 勝ち -13

10ゲームを終えて5勝5敗でした。勝ち負けが交互に続き、数列の最後 [D 2回目] に達するまでに連勝ができませんでした。途中3連敗により大きくマイナスになり、最後に2連勝が出ましたが、取り戻せませんでした。

31システム法のメリット&デメリット

検証結果から31システム法は、1セット内で2連勝が出た時に効果を発揮するのがよくわかりました。数列の後半のベット額、4ドルと8ドルで連勝できると、特に大きく利益を伸ばせます。

31システム法のメリット

  • 事前に最大損失が想定できる
  • 資金の管理がしやすい
  • コツコツと利益を積み重ねられる

31システム法のデメリット

  • 勝ち負けが交互になり連勝ができない場合、マイナスになってしまうのが最大のデメリットです
  • 1セットの中で確保できる利益額は小さい
  • 連勝できないと効果が発揮できない
  • セット内の最後で負けると損失が大きい

1セット(9回のゲーム)の中で、一度も連勝が出ないことはあり得ます。そうするとマイナスを取り返すのに長くなる可能性があります。長期戦になってしまうこともあるため、短期的には上下がある中でプラスになっているタイミングで止めるのがポイントになります。

31システム法の改良・応用

31システム法のデメリットを回避するために、さまざまな改良案などが提案されています。

通常は勝ったら2倍のベット額になるため31システム法チェック表で下方向に進みました。これを応用し、勝っても負けても数列通り『1→1→1→2→2→4→4→8→8』に賭ける方法があります。

また解説例は初期ベット額を1ドルから始めましたが、より利益を効率的に伸ばしたい方はご自身の予算に併せて応用できます。例えば310ドルの予算で賭けられる人は、最小値を10ドルに設定して運用してみると良いでしょう。

今回はスタンダードの方法を解説しているのでここで深くは触れませんが、まずは攻略法の原型を理解して実践、慣れてから改良版や応用編にトライすることをおすすめします。

31システム法はどんな人に向いている攻略法?

最大の損益額が31ドルと決まっているため、少ない予算の人でも安心して使えます。ローリスク・ハイリターンな戦略と言って良いでしょう。
数列のルールだけ守れば、複雑な計算はないので初心者の方でも使いやすい攻略法です。最悪31ドル負けてしまっても許せる範囲の方であれば誰にでも向いている戦略です。

マイナスが大きくなる前に引き際の見極めがポイントなので、ずるずる流されてしまう傾向のある人は注意が必要です。

まとめ

勝ちを狙いにいくというよりも負けた時のリスクを管理する31システム法

ベット額が予測でき、計画を立てやすいため、カジノゲーム以外の投資にもよく使われています。表の順番に従って決まったベット額を賭ける、難しくない戦略です。順番を間違えると31システム法の効果は得られないので、ぜひ基本に沿って実践してみてくださいね。

試しに、オンラインカジノの無料ルーレットやバカラ、ブラックジャックで使ってみてはいかがでしょうか。ゲームの面白さが倍増しますよ。

31システムを使ってプレイしてみよう!

カジノ ボーナス プレイ 入金
1 ライブカジノハウス(Live Casino House) ライブカジノハウス
$430+200フリースピン
ヴィーナスポイント
銀行送金
アイウォレット
クレジットカード
マスターカード
+3
2 チェリーカジノ(Cherry Casino) チェリーカジノ
¥150000✙300回フリースピン✙3000¥入金不要ボーナス
マッチベター
ヴィーナスポイント
エコペイズ
マスターカード
クレジットカード
JCBカード
3 スピンサムライカジノ(Spin Samurai Casino)の詳しい解説! スピンサムライ
¥24,000
エコペイズ
クレジットカード
マッチベター
4 バルカンベガス バルカンベガス
140,000円✙175フリースピン
ヴィーナスポイント
スティックペイ
アストロペイ
マッチベター
クレジットカード
+3
5 レオベガス(Leo Vegas) レオベガス
¥120000✙10フリースピン
ヴィーナスポイント
アストロペイ
銀行送金
マッチベター
クレジットカード
+3
神カジノ
2021年 08月 16日
神カジノが2020年にオンラインカジノ情報総合ポータルの運営を開始しました。 神カジノのスタッフはオンラインカジノのチェックに従事してるおり、スロット、ポーカー、ブラックジャック、ルーレット、スポーツベッティングを毎日のようにプレイしています。 実際のプレイヤーとしての経験に基づいて、徹底的なレビューを皆様にお届けします。 数あるオンラインカジノから自分好みのサイトを選んで、気軽にプレイしてみましょう。